審美治療

Home > 診療案内 > 審美治療

見た目が気になる方へ

 歯の色や、形、歯並びが気になる方は、意外に多くいらっしゃいます。このページをご覧になっているあなたもその1人かもしれませんね。
 もし、歯を削ってかぶせることしかそれを改善する方法がないとお考えだとしたら、そんなことはありません。一言に歯を白くする、綺麗にするといっても、歯科医院で行える治療には、様々な方法があります。それぞれの治療方法についてご紹介いたします。

歯を削らずに綺麗にする治療法

クリーニング(PMTC)

歯科医院で本格的なクリーニング器材やペーストを使って、歯の表面についた汚れを落として、本来の白さに戻す方法です。タバコのヤニやお食事などによる着色をある程度落とすことができます。ただし、歯の本来の色を白くするのは難しいです。

ホワイトニング

歯に薬剤を作用させて白くしていく方法です。クリーニングでは取れない色に対し有効です。ホワイトニングには、歯科医院で行う「オフィスホワイトニング」とご自宅で行う「ホームホワイトニング」があります。歯にダメージを与えず、透明感のある美しい仕上がりのある白い歯を手に入れるには複数回繰り返すことが良いホワイトニングであると当院では考えております。 詳しくはホワイトニングのページで

矯正治療

色とかではなく、歯並びが気になっておられる方は、矯正治療を検討されるとよろしいかと思います。治療期間や費用はあなたの歯並びの状態や、どこまで整えたいか、によって変わってきます。歯を削って歯並びを整えるよりも、矯正治療をした方が、歯の寿命を考えると良い場合が多いです。 詳しくは矯正治療のページで

できるだけ少ない歯の削りで見た目を綺麗にする方法

審美コンポジットレジン治療

歯科用のプラスチックを用いて、できるだけ歯を削らずに綺麗にする方法です。例えば、前歯のすきっ歯など、ほとんど歯を削らずに治すこともできます。現在は、材料も進歩しておりますので写真を見ていただければお分かりかと思いますが、非常にキレイに仕上げることが可能です。

歯を削らなくてはならなくなった場合

 どうしても歯を削らなくてならない場合や既に歯を削ってしまってる場合は、セラミック治療の適応となることが多いです。たとえ、そうなってしまったとしても、精密に治療をしていけば、歯は長持ちしますのでご安心下さい。セラミック治療とは、歯の表面全体を削って、セラミックの歯をかぶせる方法です。他の治療法と比べて削る量は多いですが、見た目は非常に綺麗になります。
 また、一言でセラミックといっても、様々な材料があり、一長一短があります。

ジルコニアセラミック

ジルコニアは強度があり耐久性、耐食性、耐熱性にも優れ、生体親和性も高いことから金属材料にとってかわるものとして注目されているセラミックです。 透明でダイヤモンドに近い高い屈折率を有することから人工ダイヤモンドとも呼ばれています。 セラミックの中で一番固く強度が高いです。

e-max

Ivoclar Vivadent社e.maxプレスを使用したオールセラミッククラウンです。 透明感がとても高い素材で、豊富なシェード(色調)で天然歯のような透明感・審美性を再現することができます。

メタルセラミック

メタルセラミックは、金属のフレームにセラミックを焼き付けたものです。金属で補強しているので耐久性があり、奥歯のクラウン(被せ物)やブリッジの治療に用いられることが多くあります。しかし、透明感や色調は金属を使用していないものよりも劣ります。また、経年的に歯茎が痩せて金属部分が見えたり、金属イオンが歯茎に付着して黒ずんだりするなどの問題が生じることもあります。

ハイブリットセラミック

セラミックの硬さとプラスチックの粘りを兼ね備えた被せ物です。 オールセラミックほどの透明感はありませんが、歯に近い色まで合わせることはできます。 ハイブリットセラミックはプラスチックが含まれているため、口の中の水分を吸収し、3、4年経つと黄色く変色してくることがあります。 ハイブリットセラミックは銀歯やオールセラミックより材質が軟らかいために、歯ぎしりやくいしばりが強い方は穴が開いてしまうことがあります。

これらの材料を患者さまのお口の状態やご希望に応じて、選択し、治療を行なっていきます。

保険治療でも白くすることはできます

 保険でも、小さい虫歯などを治す場合は白くすることが可能です。また、被せ物でも前歯、小臼歯であれば、白くすることは可能です。しかし、材料がセラミックとかではなく、プラスチックのため、長年経過するとすり減ってきたり、色が変色してきたりします。ですので、金額を第一優先にされる場合はオススメですが、審美性などを優先される場合は、保険治療ですとご希望に沿えない場合がございます。

当院は審美治療に力を入れております

 院長はじめ歯科医師が、様々なセミナーに出て研鑽していますので、最新の治療を提供することができます。歯科治療は日進月歩で進化しております。きちんと研鑽をしている歯科医師のいる医院で治療を受けられることをオススメしております。

 2階に技工士のラボがありますので、歯科医師と技工士との連携もスムーズにとることができ、より良いものをお届けできる体制が整っています。その他にも被せ物の色や形等を技工士が直接確認しに参りますので、より自然な色に近い被せ物を提供することができます。

どのように治療は進んでいくの?

実際の治療をご覧いただきながら、治療の進め方についてご説明致します。

1

最初に、カウンセリングをしていきます。歯の黄ばみが気になる、歯が欠けてしまったなど、あなたの気になる点をお聞き致します。その後、治療計画をお立てして、あなたに一番あった治療をご提案させて頂きます。

2

歯次に仮歯に置き換えます。オールセラミッククラウンを入れる前に仮歯で見た目を修復します。仮歯に置き換えた歯に根っこの治療が必要な場合、この状態で治療を開始します。仮歯も修正することが可能ですので、ご希望にそって仮歯を修正していくことができます。

3

次に見た目に美しい歯を作るために、正確な型取りを行っていきます。正確な型を取ることで、オールセラミックの馴染み度合いや、つけ心地が変わってしまうので、大切な工程です。この工程の時に、当院では技工士による色調や形の確認をさせていただきますのでより美しい被せ物を提供することができます。

4

最後に型を取ったセラミック歯を口に合わせて最終調整していきます。しっかりと調整した後に実際に装着していきます。オールセラミッククラウンは、一度装着すると取ることができないので、しっかり最終調整を行う必要があります。装着後は、写真のようにとても自然に仕上げることが可能です。